統合開発環境Eclipseのインストール方法 バージョン4.13

2020年4月18日

今回のテーマは統合開発環境Eclipseの導入です
と・・・統合開発環境???なんか難しそうですね
いや、これはむしろプログラミングを楽にしてくれるツールを教えますっていう話です。メモ帳に書いて、コマンドプロンプトでコンパイル・実行って面倒でしたよね。
そうですね・・・。長い時間かけてせっかく書いたのにコンパイルできないとか、しょっちゅうでした。
そういった不便さを半減してくれる便利なツールなので、ぜひ活用してください。

Javaでの開発に必須の統合開発環境Eclipseのインストール方法を解説します。

【PR】プログラミングスクール【PR】独学で挫折しそう、やっぱり難しい、手早く学びたい。そんな人にはやはりプログラミングスクールがお勧めです。

【プログラミングスクールを利用するメリット】

JavaはWebアプリケーションなどを作ることができるプログラミング言語です。独学だと基本事項からなかなか抜け出せず、アプリを作るイメージができずに挫折してしまう人も多いです。紹介する二つのプログラミングスクールのJavaコースはWebアプリケーションを作ることを前提にカリキュラムが組まれていますので、より実用的な内容を学ぶことができます。

 

おすすめ1▶TechAcademy
Javaコース

おすすめ1▶CodeCamp
Javaマスターコース

統合開発環境の導入

Javaのプログラムを動かすには、保存→コンパイル→実行 という手順を踏む必要があります。
参考:Javaで「こんにちは」と表示させるプログラムと方法

テキストエディタで書いて、コマンドプロンプトを起動させてコンパイルして・・・という手順はかなり煩雑なため、それを手助けしてくれるツールがあります。

それらのツールを統合開発環境といい、Eclipseはその代表的なものです。

Eclipseとは

Eclipse(イクリプス)はIBM社によって開発された統合開発環境です。オープンソース化されており、無償で誰もが自由に使うことができます。そのため企業や個人を問わず様々な開発者が利用しています。Eclipseは様々なプログラミング言語の開発に対応していますが、特にJavaの開発では広く利用されています。

Eclipseは2001年のリリース以降現在まで複数のバージョンが公開されています。バージョン3.2から4.8までのバージョンには「Photon」などのコードネームが付けられていますが、バージョン4.9以降はコードネームは廃止されていません。この記事を執筆している2019年11月16日現在の最新版はバージョン4.13となります。

Pleiades All in one

Eclipseはそれ単体でも使うことができますが、プラグインを追加してカスタマイズをすることによってより使いやすくすることができます。

とはいえ、初心者がいきなり色々とカスタマイズをするのは無理があるため、使いやすいようにある程度カスタマイズした形で提供されているものがパッケージと呼ばれます。

パッケージの中でも日本人が使いやすいようにEclipseを日本語訳してくれているパッケージPleiades All in oneパッケージです。

今回はこのEclipseのPleiades All in oneパッケージをインストールしていきます。

Eclipseって色々なパッケージがあるけど、今回は日本語訳してくれているPreiades all in oneパッケージをインストールしますよっていうことですね。
その通りです。このパッケージは日本で広く使われているパッケージなので、安心して使ってください。

ちなみにPleiades All in oneパッケージにはJDK(先にダウンロードしているJavaの開発環境)も搭載されていますので、いきなりこれをインストールしてもJavaを使用することができます。ただし、先にJDKをインストールしている場合も、重ねてインストールして特に問題はありません。

Pleiades All in oneパッケージのインストール

それでは、インストールをしていきましょう。Pleiades All in oneパッケージはここでダウンロードすることができます。
https://mergedoc.osdn.jp/

インストールする環境は Windows10 64ビットであることを前提に進めていきます。

ダウンロードのページを開くとEclipseの様々なバージョンがダウンロードできます。

ここでは現在の最新版である左上の「2019-09」と書いてあるバージョン(4.13)をダウンロードします。

ちなみに、インストールするパソコンが32ビットの場合は一つ右の「2018-09」でないとインストールできませんのでそちらを選択してください。

ダウンロードページでは、「Windows 64bit」の「Full Edition」「Java」を選択します。

ダウンロードが始まります。名前を付けて保存をして、自分がわかるフォルダに保存してください。

ここではダウンロードというフォルダに保存します・

画像を見てわかる通り、1.5GBもある大きなファイルなので、ダウンロードにかなり時間がかかります。私がダウンロードした時も、20分ほどかかりました。

ファイルを解凍する

ダウンロードされたデータはzipファイルという圧縮ファイルになっています。このファイルは解凍する必要があります。

解凍ソフトが入っていない場合は解凍ができない場合があります。その場合はLhaplusなどをインストールしましょう。
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

Lhaplusがインストールされている場合、「右クリック」>「解凍」>「出力先を指定して解凍」で解凍ができます。

解凍先を指定することができますが、画像のようにCドライブ直下に解凍することをお勧めします

これでEclipseのインストールは完了です。

Eclipseはインストーラなどがなく、解凍をすればすぐに使うことができます。