初めてのJavaプログラミング

2019年12月24日

プログラミングは全くの未経験だけど、IT企業への就職が決まったので予習しておきたい

ITエンジニアへのキャリアチェンジを考えているけど、本当に自分がプログラミングに向いているか、ちょっと試してみたい

ちょっと興味があって、プログラミングをやってみたい

「初めてのJavaプログラミング」はこんな方々のために書いています。

人気プログラミング言語Java

Javaはプログラミング言語の中でも人気の高いものの一つです

Write once,run anywhere(一度書けばどこでも動く)」というコンセプトで開発されており、文字通り様々な用途で使うことができます。

どんなところで使われている?

・Androidアプリ開発
・twitter
・銀行システム(みずほ銀行など)

これらはほんの一例です。会社なので使われている大きなシステムや、交通システム、組込みシステムなどありとあらゆるところでJavaが動いています。

これだけ動いているということは、Javaでプログラミングができる人は様々なところで需要があるということです。

プログラミング研修でも使われる

プログラミングの研修のための言語として使われることも多いです。

あらかじめ少しでも知識があれば、新人の時に頭一つとびぬけることができるでしょう。

またプログラマーが取得しておきたい資格の中に、Javaの開発元であるOracle社のBronzeやSilverといったJavaの資格があります。これを持っているとプログラマーの端くれといえるでしょう。

Javaは難しい?

Javaは習得が難しい言語と言われています

PythonやPHP、Rubyなどと比べ、実践で使えるまでに時間がかかるというのが大きいでしょう。

ただし、一度Javaで基本を身に付けておけば、そのほかの言語を学ぶときも容易くできます。是非あきらめずに挑戦してみてください。

ちなみに、金銭的に余裕があるのならばプログラミングスクールに通うことをおススメします。理由は色々ありますが、「わからなくなっても聞ける人がいない」というのが大きいかと思います。プログラムを勉強しているとエラーがたくさん出て困ることがありますが、独学だと自分で調べることしか解決の方法がないのです。

【PR】プログラミングスクール【PR】独学で挫折しそう、やっぱり難しい、手早く学びたい。そんな人にはやはりプログラミングスクールがお勧めです。

【プログラミングスクールを利用するメリット】

JavaはWebアプリケーションなどを作ることができるプログラミング言語です。しかし、独学だと基本事項からなかなか抜け出せず、アプリを作るイメージができずに挫折してしまう人も多いです。紹介する二つのプログラミングスクールのJavaコースはWebアプリケーションを作ることを前提にカリキュラムが組まれていますので、より実用的な内容を学ぶことができます。

 

おすすめ1▶TechAcademy
Javaコース

おすすめ1▶CodeCamp
Javaマスターコース

目次

記事の概要を示します。

1.初めの一歩

「どこにどうやってプログラムを書くのか」、「どうやってプログラムを動かすのか」という基本的事項について書いています。

プログラムは基本的にテキストエディタに書きます。テキストエディタとは、代表的なアプリケーションとしてメモ帳があります。メモ帳にプログラムを書いた後、コマンドプロンプトを起動して実行します。

JavaではJDKという開発環境のインストールが必要になってきます。この記事ではJDKのインストールから始めて、コードを書いて、動かすという一連の流れを学びます。

その後、プログラミングを効率的に進める統合開発環境Eclipseの導入を行います。




2.プログラムの書き方の基礎

この記事ではプログラムの基本的な書き方を学びます。 プログラムに必須の知識であるリテラル、変数、配列の扱いについて実際のプログラムを示して記述しています。内容としてはかなり単調なものですが、重要な知識です。

3.制御文

第2章に続き、プログラミングに必須の知識である制御文について学んでいます。 制御文は大きく分けて選択構文、繰り返し構文からなります。

プログラムの多くはこの二つの構文を組み合わせて成り立っています。これらを使えるようになるとだいぶプログラムらしくなってきます。




4.クラスとメソッドの扱いとコンストラクタ

Javaプログラミングの肝といえるのがクラス、メソッド、コンストラクタです。大きなプログラムを構築していくうえで大切な考え方は「オブジェクト指向」と呼ばれます。

Javaを学ぶ上で大きな壁となるのがこの概念ですが、サンプルプログラムを書いて動かすことで徐々に慣れていきましょう




5.継承とインターフェース(未執筆)

クラスやメソッドを学びながらオブジェクト指向の基礎を学んだうえで、応用的な知識となるのが継承とインタフェースです。

応用的とはいえ、Javaプログラミングにおいてはかなり基礎的な知識となるものです。