【これで絶対合格】基本情報技術者試験おすすめのテキスト

2019年9月19日

私は基本情報技術者試験を2019年春季試験で一発合格をしました。その時に使った参考書を紹介します。



この記事は自己採点をして落ちたと思ったとき(本当は奇跡的に受かってました)に書いた記事で同じようなことを書いていますが、もうすぐ始まる秋期試験にあたって改めてまとめなおしたものです。

基本情報技術者試験のおすすめ参考書

基本情報技術者は人気資格なのでたくさん試験本がありますが、私は「キタミ式」をお勧めしています。

なによりもイラストが豊富でとても分かりやすいです。挿絵のキャラクターが面白くてほっこりします。
そして、情報量も多いので午前試験に関してはこれ一冊でカバーできます。

ただ、これだけでは午後試験には対処できません。その辺のことをもう少し書いてくれていればありがたいのですが、その辺は過去問演習で気づいてくださいといったところなのでしょうか。
午後試験用に追加で買い足す必要があるテキストはこちらです。

ちょっと小型のテキストですが、過去問がコンパクトにまとめられており使いやすいです。
試験対策としての解説も読みやすいです。
私は午後試験が通らないと焦っていたのですが、これのおかげで何とか乗り越えました。

ただし、特に文系の方はアルゴリズム対策については十分に行えないと思います。
アルゴリズムとプログラミングを落とすと、他の問題で満点近くいかないと合格は遠いのでアルゴリズム対策は十分に行う必要があります。
アルゴリズム対策は「福嶋ゼミ」一択です。

アルゴリズム対策の本で最も初歩から解説してくれていて、かつ過去問も豊富に掲載されています。
音声による解説が添付されているのも魅力的です。
ただし、私はこれを十分に活用する前に本試験を迎えてしまいました。あそこで落ちていたらこの本を使い倒すつもりでした。

なお、福嶋ゼミについては午前対策の本もありますが、わかりやすさという点でキタミ式には及ばないというのが私見です。
(福嶋ゼミにもキャラクターが出てきて対話形式で進むのですが、このキャラクターが頭が良すぎるんですよね…。)

プログラミング対策については私は失敗したのでなかなかお勧めするものが見つかりませんが、ここまで紹介してきたものでは不足すると思うので余力があればきちんと見つけて対策をしてください。

一応、Javaの対策本を買いましたがあまり使いこなせませんでした。

過去問集はできれば買おう

また後で書きますが、過去問演習は絶対に必要です。
上に紹介したテキストに過去問は抜粋して乗っていますが、できれば「過去問集」と書かれたテキストを購入しましょう。
過去問集についてはインターネット上で公開されており、まとめられたサイトなども存在しているのですが、印刷代や解説の質などを考慮すれば買ってしまったほうが良いかと思います。

過去問集もいろいろ種類がありますが、何年分収録されているか、解説は充実しているかで選ぶとよいでしょう。

以上、他にもいろいろと参考書はあるのでぜひ本屋で手に取って慎重に検討してください。