WordPress新エディターGutenbergではAddQuicktagが使えない?

2019年8月18日

この記事のポイント

便利なプラグインAddQuicktagは新エディター『Gutenberg』では使えません。その代替となる機能を探しました。

・『再利用ブロック』の利用

『クラシックモード』の利用⇒こちらが現実的かなと思います。

タグを追加することができる便利なプラグインが「AddQuicktag」です。WordPressを使っている人のほとんどは使っていたと思うのですが、Gutenbergで使えなくなっているようです。

何も知らずにAddQuicktagをダウンロードしました

はじめは何も知らず普通にAddQuicktagを入れようとしました。

「プラグイン」>「新規追加」から「AddQuicktag」で検索、インストールして有効化します。

「プラグイン」>「AddQuicktag」をクリックすると、AddQuicktagの編集画面になります。

ただここにタグを入れれば使えるはずなのです。

boxのタグを入れたいと思ったので、タグを貼り付けました。右のチェックボックスは全てにチェックします(一番右にチェックを入れると全て入ります)。

これで「変更を保存」をクリックすると、設定は終了です。

Gutenbergエディターでどこを探してもタグを選択できるところがありませんでした

これでGutenbergエディターのどこかにタグを選択して挿入できるところがあるんだろうな・・・と思ったのですが、どこを探してもないのですね。

AddQuicktagのインストール前も後も何も画面が変わっておらず、使うことができません。そこでいろいろ調べてみたのですが、どうやらGutenbergエディターはAddQuicktag未対応らしく、結論から言えば使えないそうです。

AddQuicktagの代替となる機能

AddQuicktagが使えないと、この先ちょっと不便・・・と思ったので代替となる機能を調べました。

『再利用ブロック』の利用

とある方は「再利用ブロック」という機能を利用しているとのことだったのでこれの使い方を調べました。

とりあえず先ほどのタグをエディターに貼り付けますが、そのまま貼り付けると文字列として表示されるだけなので「カスタムHTMLの追加」というところでやるのかなと思いやってみました。

これでここに先ほどのHTMLを書き込んで、「再利用ブロックに追加」をします。

名前をつけて保存ボタンを押すと設定完了です。

左上の「+」>「再利用可能」をクリックすると、先ほど付けた名前のブロックがあります。

この再利用ブロックを編集する場合は、「編集」を押してしまうと全ての再利用ブロックに適用されてしまうそうです。今はひとつだけなので良いですが、たくさん作ったあとだと大事故になる可能性もあるので注意しましょう。

使用の仕方は、「通常ブロックへの変換」をクリックして使います。

ところがここまで来て気づいたのですが、、、この「カスタムHTML」はビジュアルエディタでは編集できません。ビジュアルエディタとは普段使っているエディタで、通常のワープロのように見たまま編集できるものです。どうやら埋め込んだHTMLタグが良くないらしく、どうやってもビジュアルモードに戻せません。できるのはプレビューだけです。

もちろんHTML形式での編集はできますが、これでは不便ですよね・・・。

いろいろ解決方法を探したのですが、いまいちよくわからなかったのでこの方法は諦めました。

クラシックモードにする

代替機能というのかわからないのですが、クラシックモードにして編集するという方法を思いつきました。Gutenbergエディタはブロックごとにクラシックモードに変更できるのです。

左上の「+」>「フォーマット」>「クラシック」を選びます。

すると左下に「Quicktags」のリストボックスが出てきて、先ほどつくった「box1」が選ぶことができます。

これをクリックすると、反映までにちょっと時間がかかるのですが、とりあえずビジュアルモードで編集できます。

プレビューするときちんと反映されています。

一応、これでビジュアルモードで編集できますね。

まとめ

Guternbergエディタはリリース後まだ間もないこともあって、情報が少なめです。「Guternbergエディタからクラシックエディタに戻す」という記事も多いので、引き続きクラシックエディタを利用している方も多いのだと思います。

Classic Editorに戻す場合の記事も書きましたので、こちらを参考にしてください。
【関連記事】エディターをGutenbergからClassic Editorに戻す方法

このAddQuicktagが使えないのはびっくりしましたが、機能が対応するか代替プラグインが登場するのを待ちたいと思います。

↓よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
にほんブログ村